“夏疲れ”から身体を回復させよう!

ビタミンc豊富な野菜

暦の上では、もうすぐ秋。
今年も暑い暑い夏ですが、体調はいかがですか?

夏疲れしやすいのは何故か?

夏の暑さに加えて湿度の高い日本では、汗をうまくかくことが出来ず体の中に熱がこもりやすいのです。
さらに体温を調節しようと自律神経が働くのですが、暑さが続くとやがてこの自律神経が乱れてくるようになります。
自律神経が乱れると、胃腸の動きや調子が悪くなったり、よく眠れなくなったりと身体を回復させる機能が落ちてしまいます。

暑い

活性酸素によっても夏疲れは起こる

呼吸をして入ってきた酸素が身体の中で変化し、強い酸化力を持つようになったのが活性酸素です。
本来は身体を守るための働きがありますが、増えすぎると身体を攻撃してしまったり、サビつかせたり、自律神経にもダメージを与えるといった悪い働きへと変わってしまいます。
活性酸素が増えれば増えるほど、身体は疲れやすく回復しにくくなるのです。
この活性酸素はストレス生活習慣の乱れなどでも増えますが、実は紫外線をたくさん浴びることでも増える原因となります。
紫外線は1年中ありますが、夏に強くなるため、特に夏に活性酸素は増えやすくなります。

うんざり

活性酸素を増やすな!松康泉(しょうこうせん)がとってもお勧め!

松康泉には松節エキスという成分が入っており、この松節エキスには抗酸化作用があります。
つまり、活性酸素を除去する働きがあります!
後述しますが、活性酸素を増やさないためにビタミンCやEを摂取するのが良いとされています。
が、ビタミンCやEよりもずっと高い活性酸素を除去する効果が松節エキスにはあります。
また松節エキスはコラーゲン産生を促し、コラーゲンの分解を抑制する作用もあるため、お肌にもとっても良いサプリメントです。
自律神経を整える作用もあるため、慢性的頭痛や生理痛、ストレスといった症状にも◎。
添加物が入っていないので、安心して飲み続けて頂けます。

クリックして松康泉 詳細ページへ

疲れのタイプ別!漢方の栄養剤もあるので、是非薬店のブログもご覧ください。

食事で気を付けるなら、ビタミン摂取

ビタミンCはコラーゲンの生成に必要で、お肌にとても良いというのはもう定番ですね。
実はビタミンCは特に夏に失われやすいんです!
というのも、活性酸素を取り除こうと頑張ってくれる働きを持ってるのもビタミンCなんです。
紫外線をたくさん浴びると活性酸素がたくさん生まれるため、ビタミンCをどんどん消費していきます。
しかもビタミンCは水溶性ビタミンであり、身体に貯めておくことが出来ず、必要な分以外は排出されてしまうのです・・。
パプリカやフルーツに含まれていることが多いので、食べやすいそうめんなどばかりではなく、しっかり食事を摂りましょう。

ビタミンc豊富な野菜

便秘や下痢になっていませんか?

冷たいものを摂り過ぎたり、冷房が効きすぎた部屋に長時間いたために身体が冷え血行が悪くなったりすると、胃腸も冷え機能が落ちていきます。
冷えすぎると下痢になりますし、胃腸がしっかり動かず働きが悪くなればお通じにも影響が出ます。
食欲が低下し、食べる量が減っても便秘になりやすいです。

腹痛

お通じに良い生活をしよう!

食事に通じるところといえば、下痢や便秘の改善。
食物繊維(野菜や海藻、大豆製品など)を含むものを食べる、ヨーグルトを食べると良い、というのはこちらも定番ですね。
ビタミンCと同じく、食べていても便と一緒に排出されますので、意識してこまめに食べるのが大切です。
食事はバランス良く量をちゃんと食べる、これが出来れば胃腸も元気な証です!

ヨーグルト

食べ過ぎ消化不良や下痢にオススメの漢方はコチラ

自律神経を回復させる!お風呂にゆっくり入ろう

夏こそシャワーだけでなく、ゆっくり湯舟に浸かるのがお勧めです。
自律神経の中で副交感神経が優位となると、コリやむくみをほぐして身体はリラックスします。
お風呂に入ると身体はリラックスモードになるため、よく眠れるようになり良い睡眠にも繋がっていきます。

お風呂

良質な睡眠を!身体をリラックスモードへ

寝つきが良いと聞くと、どんな状態を想像されますか?
ベッドに入ったらすぐ眠れちゃう!という状態を想像していたら・・それは間違いです。
実はベッドに入ってすぐ眠れてしまうというのも慢性的な寝不足である可能性が高いんです。
15分ほどまどろみながらふわーっと眠るには、上記に挙げたゆっくり入浴がお勧め。
ですが、この時に注意すべきはお風呂の温度。
あまり温度が高いと副交感神経ではなく交感神経が刺激され、身体が起きてしまい、活動モードへと突入します。
38~40℃ぐらいのぬるま湯が良いです!

ふわっと寝る

睡眠に効く漢方薬(サプリメント)はコチラ!

夏疲れには鍼灸もオススメ◎

鍼灸は副交感神経を優位にしてくれます。
いろいろな環境下で優位になってしまった交感神経を落ち着かせ、副交感神経を優位にすることで身体の疲れも取れやすくなります。
肩や首に凝りを感じると、仰向けで眠りにくくありませんか?
鍼灸で筋肉をほぐすと身体が楽になり、鍼灸をした日はゆっくり眠れる、なんていう方も多くいらっしゃいますし、お顔の美容鍼灸コースだけでも効果抜群なんです!

夏疲れを感じたら、上手にリカバリーして秋を迎えにいきましょう!

関連記事まとめ



紫外線・日焼け対策ブログまとめ