老化の原因ブルーライト対策はできていますか?

私たちの身近にあるスマホやパソコンから出るブルーライトが紫外線と同じくらい悪影響を及ぼすことはご存知でしょうか。ブルーライトが及ぼす影響と対策について調べてみたので参考になさって下さい。

ブルーライトとは?

ブルーライトは主にスマホやパソコン、ゲームやテレビの画面、LED電球などから発せられる青色の光で、紫外線の次にエネルギーが強く「第3の紫外線」とも呼ばれています。

ブルーライトが人体に及ぼす影響

ブルーライトは目の角膜や水晶体で吸収されず網膜まで達するので、目に大きなダメージを与え目の老化を進行させてしまいます

ブルーライトの光のちらつきが眼精疲労や視力の低下を招いたり頭痛を引き起こすと考えられています。

 

睡眠

夜、寝る前にブルーライトの強い刺激を網膜に受けると脳が朝だと認識してしまい目が覚めてしまいます。体内時計が狂うので寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなるなど睡眠障害を起こしやすくなります。

スマホやパソコンを使っているだけでメラニン色素が発生し、シミやくすみの原因になってしまいます。しかもブルーライトは紫外線(UVB)よりも鮮明な色素沈着を引き起こし、また消えにくいことが分かっています。

ブルーライトは老化を促進させる活性酸素の中でも最も強力で破壊力を持つ「一重項酸素」を発生させます。一重項酸素は、コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力を保つのに欠かせない肌組織を破壊するだけでなく、コラーゲンの量そのものも減少させシワやたるみなどを引き起こす原因にもなってしまうのです。

ブルーライトで老化しないためには

ブルーライトは身の回りに溢れています。昼夜を問わず24時間たえず注がれているので、防ぐのはかなり困難ですができることから今すぐ始めましょう!

ブルーライトをカットする

目の疲れがひどい場合はブルーライトをカットする眼鏡を使いましょう。スマホやパソコンのブルーライト軽減アプリを使ったり画面にブルーライトをカットするフィルムやプロテクターを貼るのもオススメです。

ブルーライトを見ない

ブルーライトの影響を軽減するにはスマホやパソコンを見ないのが一番です。使用する時間と場所を決めて『なんとなく見ている時間』を減らしましょう
昼夜を問わずブルーライトを浴びているため体内時計が狂いやすくなっています。なるべく寝る1時間前までにはスマホやパソコン、テレビを控え部屋も暗くして睡眠のリズムを整えましょう

ブルーライトから守る

紫外線だけでなくブルーライトをカットする日焼け止めやファンデーションを使って肌を守りましょう。BBクリームやCCクリームも有効です。
外出する予定がなくてもスマホやパソコンに向かう時はメイクをして肌をブルーライトから守りましょう。化粧を落としてスッピンになったらスマホとパソコンを使うのは控えましょう。

美容鍼灸でケアする

美容鍼灸はコラーゲンやエラスチンの生成を促して肌にハリと弾力をもたらします。ブルーライトでダメージを受けた肌をケアし、シワとタルミを改善するために定期的に美容鍼灸を受けられるのをオススメします。

まとめ

私たちはブルーライトを長時間浴びてしまう環境に置かれています。肌や体に深刻なダメージを与えないために今すぐブルーライト対策を意識していきましょう!

アイリス治療院の美容鍼灸コースのメニューはこちらから↓