目指せ-3歳肌! ほうれい線ケアのツボ

ほうれい線ツボ

押すだけでほうれい線に効く美ツボ

前回はお身体全体に効果があるツボ(合谷・太衝)をご紹介しました。
今回はお悩みのところにピンポイントで使える美容のツボを3つご紹介します!
テーマはほうれい線!

①口角の横: 地倉(ちそう)

場所:口角の外側1cmまでぐらいのくぼみ
美容効果:口角のタルミ、ほうれい線と口角のシワ改善、ニキビや吹き出物
朝晩のスキンケア時に、垂直に軽く 5回~10回押す

ほうれい線ツボ:地倉

口の周囲を取り囲む筋肉は口輪筋と言い、唇を一周しています。
中でもこの地倉のツボが有る、口角の外側1cmあたりのところが口輪筋の車軸点で、口を上下や横に動かすのに重要なポイントです。
このポイントを押すと、口輪筋が活性化します。
ニキビや吹き出物が口周りに出来たときにも効きます。

②小鼻の横: 迎香(げいこう)

場所:小鼻の最も出っぱった所の付け根のくぼみ
美容効果:お顔のむくみ、乾燥、シワの改善、鼻水・鼻詰まり
朝晩のスキンケア時に、垂直に軽く 5回~10回押す

ほうれい線ツボ:迎香

ほうれい線は口角と小鼻の間にできる憎っくきシワです。
中でもこの迎香のツボが有る部分は、シワが気になる所です。
このポイントを押すと、上唇鼻翼挙筋、上唇挙筋、小頬骨筋が活性化します。

又このツボは、鼻水・鼻詰まりにとても良いツボです。
花粉症で鼻水にお悩みの方は、少しだけ強めにツボ押しをオススメします。

③マリオネットライン: 侠承漿(きょうしょうしょう)

場所:口角と顎先を結ぶ線上の 中央部から少し外にかけてのくぼみ
美容効果:口の周囲のシワ、タルミの改善、歯痛(特に下の歯の痛み)
朝晩のスキンケア時に、「指2本から3本で」垂直に軽く 5回~10回押す

マリオットラインツボ:侠承漿

ほうれい線の延長線上、口角より下のマリオネットライン。
マリオネット人形の口をイメージしていただくとわかりますね!
中でもこの侠承漿のツボが有る部分は、タルミが気になる所です。
このポイントを押すと、口輪筋と下唇下制筋が活性化します。

また、歯痛(特に下の歯の痛み)にとても良いツボです。
歯が痛いときには、少しだけ強めにツボ押しをオススメします。

乾燥は厳禁!

お顔に生じるシワやたるみには皮膚の乾燥や老化による皮膚そのもの、
皮下組織、筋肉などの変性や萎縮などの組織的な要因に起因して生じるものと、
表情筋の運動(収縮・伸展)の繰り返しに起因して生じるいわゆる「表情じわ」に類するものに大別することが出来ます。
日常気を付けるべきはまず乾燥を防ぐこと。
お顔の乾燥が強いと、シワが発生する または深くなる原因ともなります。

クレンジング後や入浴後の、お肌への水分補給(化粧水と乳液)を忘れずに

洗顔後、なるべくすぐに化粧水を付けてお肌を潤わせてください。
時間が経てば経つほど、これ以上の水分を逃すまいと毛穴が閉じていき、どんどん化粧水の浸透が悪くなっていきます。
化粧水を付けた後は、必ず乳液(クリーム)で蓋をすること。
乳液で閉じ込めることによって、浸透した化粧水が外に出ていかなくなります。
導入液や美容液などをプラス出来るとなお効果的ですが、
時短を目指す方はまずきちんとメイクを落とし、化粧水で保湿をして乳液で蓋をすること、を第一優先に実践してくださいね。
そしてしっかり眠ること!睡眠が何より大事です。

確実に効果を出したいときは、美容鍼灸を

ツボを押してもイマイチ効いているのか分からない、場所が合っているのか不安・・など、
きちんと目に見えて分かりやすい効果をご希望の方はプロにお任せ!
美容鍼灸をオススメします。
美容鍼灸は、ツボを的確に針で刺激して、筋肉やお肌の細胞を活性化する美容法です。
また、美容鍼灸の施術と合わせて上記のツボを押していただくのも効果抜群ですよ。

アイリス治療院は「 針に電気を流さずに結果を出す美容鍼灸 」です。
電気が苦手な方でも安心して施術を受けて頂けます。

是非ツボ押し、日々のスキンケアとともに活用してくださいね!
次回は 押すだけでリフトアップに効く美容ツボ をご紹介します。

ツボ記事まとめ