もし日焼けをしてしまったら・・日焼け後のケアに美容鍼灸をオススメ!

日焼け対策

前回紫外線とは何か、日焼け止めの効果のお話をさせて頂きました。
今回は「日焼けをしてしまった後の対策」です。

日焼けはお肌に炎症(やけど)が起きている状態。
まずはしっかりと冷やして、そのあと保湿する

日焼けをした後は、タオルなどで冷やしましょう。
こすったり叩いたりはお肌に余計にダメージを与えてしまうので、優しく充てるだけでOKです。
じゅうぶんに熱が引いたら、次は保湿へ
日焼け後のお肌は水分がたくさん出ていってしまっており、とても乾燥しています。
化粧水をたっぷり、乳液やクリームできちんと蓋をしてくださいね。
こちらもこすったり叩いたりはNG。
優しくお手入れすることが大切です。
ふだんはなかなか使わないような、美白成分が入った美容液やシートマスクを使うのもお勧めです。

パック

素早いダメージ回復のために、規則正しい生活をする

寝不足や栄養不足の状態だと、新陳代謝が上手くいかず、お肌のダメージ回復にも影響を及ぼします。
身体の方も、日焼けによる炎症(やけど)を回復させようと、思った以上に疲れているはずです。
ビタミンやリコピンなどが含まれる食事を摂り、1日3食しっかり食べて、睡眠をじゅうぶん取ることで回復を早めましょう。

のんびり

定期的に美容鍼灸を受けていると、いざという時に安心

日焼けをしないのが一番ですが、昨今の日差しの強さは尋常ではありません。
日焼け止めや日傘など、どんなに防いでも100%防げるものではないのが現状です。
そこで!美容鍼灸を定期的に受けて頂くのもお勧めです。

美容鍼灸は、紫外線を浴びて破壊されたコラーゲンやエラスチンを増やす

紫外線を浴びると、ゆっくりと長い時間を掛けてコラーゲンやエラスチンを破壊するため、お肌のハリや弾力が保てなくなり、たるみやシワといったお悩みに直結します。
美容鍼灸は鍼でお顔に傷をつけ、創傷治癒という傷を治そうとする人の自己治癒力を利用しています。
創傷治癒のために成長因子が放出されると、紫外線を浴びて失ったコラーゲンやエラスチンを増殖させることが出来るんです!
加えて、多数の鍼を使用することで、お顔全体をカバーすることが出来ます。
また、お肌は表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」と大きく分けて3層構造になっており、この「真皮」層からコラーゲンやエラスチンは多く分泌されるため、美容鍼灸では「真皮」層に届くよう鍼をしていきます。

皮膚

アイリス治療院は「 針に電気を流さずに結果を出す美容鍼灸 」です。
電気が苦手な方でも安心して施術を受けて頂けます。

ターンオーバーを促し、紫外線により増えたメラニン色素を正常な数へ戻す

本来はお肌に紫外線が入ってこないよう、メラニン色素がお肌を紫外線から守っています。
たくさん紫外線を浴びたあとは、紫外線を追い出そうとメラニン色素がどんどん増えていきます。
正常なターンオーバーが出来ていれば、増えてしまったメラニン色素を元の数へ戻すことが出来るのですが、ターンオーバーが乱れていると増えたままお肌の中に残ってしまいます。
このとどまったメラニン色素がシミやそばかすの原因となるのです。

美容鍼灸はお肌のターンオーバーを整え、新陳代謝を促進します。
増えてしまったメラニン色素が、元の数に戻る手助けをしてくれますよ!

10年後20年後に後悔しないために。

例えば10代の頃に夜更かしをして、ロクにスキンケアもしないままメイクを続けていたのに、当時はなんにも影響がなくお肌は元気だった。だけど20代になったら急にお肌の衰えを感じた・・なんていう経験をされた方はいませんか?
それって、「ツケ」が回って来てるんです!
たかが日焼けと放っておいくと、忘れた頃の将来にシミやそばかすとなって現れるのです。
そのときにがっかりするのは、ほかの誰でもない自分です。
逆に言えば、今の自分がしっかりケアをしていれば、そんなことにはなりません。
今の自分が未来の自分のお肌を作っていると思って、面倒くさがらずにしっかり紫外線対策をしていきましょう!

日焼け対策