日焼け止め効果もある?忙しい朝の時短に!賢く使うBBクリームとCCクリーム

朝ごはん

忙しい朝、5分でも時間が足りない・・
そんな時、皆様はどうやって時間を節約していますか?

朝は時間に余裕が無く、メイクに時間を掛けていられないなんていう方も多いのではないでしょうか。
時短アイテムとして、オールインワンタイプのスキンケアや、化粧下地も兼ねたBBクリームやCCクリームといったメイクアップグッズが使われていることが多いかと思います。
最近では乳液や美容液成分の入ったタイプのものもありますよね。

コスメ

意外と知らない?!BBクリームとCCクリームの違い

BBクリームとCCクリームとの違いが何かご存知でしょうか?
どちらもこれ1本でメイクが完結するアイテムで、同じようではあるものの、実は使う際の用途が少し異なってきます。

BB(Blemish Balm)クリーム Blemish:傷、Balm:軟膏という意味で、傷を軟膏でカバーするという意味合いからBBクリームと呼ばれています。
化粧下地にファンデーションが合わさり、コンシーラーのようなカバー力が高いものが多いです。
そのためしっかりとした厚みやテクスチャーがあります。
CC(Color Control or Color Conditioningなど)クリーム Color:色、Control;調整する という名前の通り、お肌の色味を調整する役割があり、くすみや赤みなどお肌のトーンを均一にしてくれます。
テクスチャーも軽めのものが多く、ナチュラルな仕上がりです。

お出掛けの用途やお好みの仕上がりによって、BBクリームとCCクリームを使い分けると良さそうですね!
ニキビやシミを隠したいなどカバー重視の時にはBBクリームを、くすみや赤みを取ってお肌を明るく見せたい時にはCCクリームを使うなど、どんな風に使いたいのかを考慮して購入しましょう。

しっかり紫外線対策をしたい時には日焼け止めをプラス

BBクリームの方がSPF値やPA値が高いものが多いですが、CCクリームにも紫外線対策として使えるものもあります。
SPF値とPA値のお話についてはコチラ
ですが、お日様の下にずっといるような日には、BBクリームやCCクリームの紫外線対策では不十分な可能性があります。
理想は日焼け止め→BB・CCクリーム もしくは 日焼け止め→化粧下地→ファンデーション など、スキンケアの後に日焼け止めを使いましょう。

日焼け対策麦わら帽子

BB・CCクリーム1本だとヨレちゃう、崩れる・・のはお肌トラブルのせいかも?

化粧下地を付けてお肌を均一の状態にすると、ファンデーションが密着しやすくなり、お化粧崩れしにくくなります。
BBクリームやCCクリームは物によっては乳液から化粧下地までの過程を1本で済ませてしまうため、お肌の状態が悪いと化粧下地を付けてメイクをした時のようなメイクのノリやもちは感じられないこともあります。
使い心地がイマイチだなぁと感じた時には、スキンケアから見直し、1つ1つ順番に付けていくと良いかもしれません。

スキンケア

お化粧ノリを良くしたい、BB・CCクリーム1本でも綺麗に仕上げたい方へ

きちんと睡眠を取る、1日3食栄養バランスを考えて食べる、ストレスを溜め込まない などなど、お肌にとってやった方が良いことはたくさんたくさんあります。
いつもの生活に、少し気を配るだけでもお肌・体調と共に何かしら変化はあると思います。
そういったことにプラスして、是非 美容鍼灸を取り入れてみませんか?
美容鍼灸は皮脂バランスを整え保水力を上げることが出来るので、お肌の状態を上げてくれます。
美容鍼灸の施術後のお化粧ノリの良さは格別ですよ!
皆様にも実感して頂きたいです。

時短が叶ったら、こんな風に優雅に朝食を食べてみませんか?

朝余裕を持ってゆっくり過ごすことが出来ると、1日のリズム(体調)も良くなります。
結果的にお肌にとっても良い環境になります。
ベースであるお肌を良い状態にして保つことが最高の時短になると私は思っています。
朝の時短を目指す方はもちろん、面倒くさがり屋さんにも美容鍼灸はお勧めです!
美容鍼灸+BB・CCクリームで賢く時短をしていきましょう。

朝ごはん

紫外線・日焼け記事まとめ

お顔のくすみの記事についてはコチラ
紫外線の量が増え始める春に、初めての美容鍼灸のススメ
くすみに繋がる紫外線対策の記事はコチラ
もし日焼けをしてしまったら・・の記事はコチラ
美白についての記事はコチラ