【重要なお知らせ】営業時間短縮と施術者の勤務変更のお知らせ

乾燥がシミに繋がる?!エアコンによる乾燥や冷えを防ごう!

肌の調子

暑い日が続いていますが、お肌の調子はいかがですか?
エアコンの効いた部屋にいることが多く、乾燥しているという方も多いのではないでしょうか。
乾燥は冬のイメージが強いかと思いますが、夏のエアコンでもお肌は乾燥することがあります。

乾燥はお肌にとって大敵!

冬の暖房はお部屋を暖めることによって空気中の水分(=分かりやすく感じられるのは「湿気」)が蒸発していくため乾燥しやすくなりますが、夏の冷房では熱い空気を冷やすことで水分が生まれ、エアコン内部で出来た結露が外へと排出されていくため、お部屋の空気は乾燥しやすくなります。
冬でも夏でも共通して言えるのは、「湿度が低下すれば乾燥する」ということです。
お部屋が水分を奪われ乾燥していくように、お肌も水分が奪われ乾燥していきます。

乾燥するとお肌はどうなる? その①お肌のキメが乱れる

皮膚の一番表面にある角質層から水分が減るということは、お肌に「キメの乱れ」が起こります。

肌のキメ(整ってる)
お肌のキメが整っている状態

キメが整っているとこのようにふっくら盛り上がった三角形の格子状に見られるのですが、この三角形が崩れて斜めに流れてしまったり、剥離した状態が見られたりと、綺麗な格子状が見られなくなります。
キメの乱れが起こるとハリや弾力は失われた状態となり、触るとお肌がザラザラすることもあります。
更にお肌のバリア機能も低下し、紫外線などの影響をより受けやすくなります。

乾燥するとお肌はどうなる? その②シミが出来やすくなる

お肌の水分がなくなり乾燥による刺激を受けると、メラノサイトが活性化します。
メラノサイトが活性化すると過剰にメラニンが生成され量が増えてしまいます。
メラニンの量が増えるということは、シミに繋がりやすくなります。

肌の調子

乾燥するとお肌はどうなる? その③ニキビが出来やすくなる

無くなった水分を補おうとして、皮脂が分泌されます。
過剰に皮脂が分泌されてしまうと、毛穴に詰まりが起こりやすくなったり、皮脂が多いところを好むアクネ菌が増殖するなどしてニキビへと繋がることがあります。

ニキビ

エアコンがガンガン効いたところに居続けると・・

お部屋の気温が下がれば、同じように「皮膚温」も下がります。
エアコンで冷やされ続けて触ると手足やお顔が冷たい、なんていう経験はありませんか?
以前顔冷えの記事を書かせて頂きましたが、その冷えが乾燥に繋がることもあります。

寒い

身体を冷やしすぎると、自律神経が乱れて疲れが取れにくくなる

夏はとにかく身体を冷やした方が良い!という考え方はNG。
身体を冷やしすぎると血管は収縮し、血行が悪くなることも。
冷房が強すぎて手足が冷たくなってしまった、なんていう時は身体が冷えすぎて血行不良を起こしている時です。
すると疲れが取りにくくなり、体調を崩しやすくなります。
いわゆる「夏バテ」です。
夏は熱中症も心配ですので熱がこもらないよう、ある程度身体を冷やすことは大切です。
ですが、外との気温差を意識して冷やし過ぎないようにお気を付けください。
特に職場やお店、電車の中など、自分で設定温度を触れないようなところではカーディガンなどを羽織って調整しましょう。
スーパーの食品売り場へ行かれる際も要注意です!

カーディガン

夏はUV対策の他にもエアコン対策も重要

エアコンでの乾燥や冷えはお肌にも影響を与えますが、実は髪や頭皮にも影響を与えます。
あれもこれもと全部のことに気を配るのはとっても難しいと思うので、まずはお部屋にいる時でも日焼け止めを塗って、冷えすぎないように時々お部屋の空気の入れ替えをすることをお勧めします!

換気

ワンランク上のオススメ!乾燥対策方法

以前の記事 乾燥・冬の冷えのツボを使ってのセルフケアもお勧めですよ。

また実は漢方薬でも乾燥 対策出来ちゃいます。


基本的に漢方薬は内側(体質)から変えていこうというものが多いため、効果が分かるようになるまでは時間が掛かるかもしれませんが、とっても健康的に出来ます。
夏バテに効く漢方薬もありますので、ご興味がある方は是非ご覧ください!

薬店HPはこちらまで。
薬店ロゴ入り

関連ブログ

こちらもどうぞ!