美容鍼灸+@でニキビが良くなった!体験談セルフケア

洗顔

美容鍼灸の力を最大限に借りて、ニキビ克服(今までの記事)へと邁進している私ですが、美容鍼灸だけで完全に治すことは不可能です。
ニキビが出来る環境に身を置いていれば、美容鍼灸を行ったとしてもニキビは出来てしまいます。
これはニキビに限らず、お顔の乾燥や肩こりでも同じことが言えます。
根本から治したい、そう思われる場合は生活から変えていく必要があります。
そう、ダイエットとも通ずるところなのです!
では何をしたか、今回はその「+@」の部分のお話です。

まず夜は充分に眠る→睡眠の質を大切にする

何に置いても睡眠が一番大切だと私は考えています。
思えば学生時代、夜中まで起きて朝寝坊は当たり前、ときには2~3時間の睡眠で学校へ行くなど、生活はむちゃくちゃでした。
お肌のターンオーバーは寝ている間に行われ、ホルモンが分泌されたり、いろいろな組織が生まれ変わったりしています。
睡眠は疲労回復だけでなく、免疫力を高めたり心身を整えたりする役割も持っているのです。
充分な睡眠が確保出来ていないということは、お肌の生まれ変わりを遅らせていることにも繋がります!

睡眠

メイクはしっかり落とす→ただしゴシゴシNG

メイクをしたまま寝る、なんてご法度です。
これはニキビに限らず、すべての女性の皆様へのお願いでもあります。
寝る前には必ずメイクを落とし、洗顔を行いましょう。
洗顔は泡立てて、お顔をやさしく包み込むようにゴシゴシこすらず、たっぷり洗い流します。
私の場合は古い角質の除去でピーリングも行っています。
パックして流すタイプのものや、拭き取りで使うものもあります。
やり過ぎてもお肌に負担が掛かるので、私は気が付いたときにやるようにしています。
ピーリングの後はいつも以上に保湿すること!これがとっても大事です。
ピーリング後はたっぷりと化粧水を使っています。

洗顔

スキンケアは毎日怠らない→とにかく保湿、乾燥させない!

油分が多いとニキビが出来るような気がしますよね。
しかし実際はお肌がとても乾燥していて、潤そうと表面に油脂が出てきている場合もあります。
油を取ってしまうから、乾燥して余計に油脂が出てきて、ニキビが出来やすいお肌になってしまう。
私はそのタイプで、学生時代はTゾーンのテカリを気にしてあぶらとり紙で油を取る、などという恐ろしいことを頻繁にしていました。

化粧水(水分)を使ったあとは乳液(油分)でお肌の表面に蓋をしましょう。
化粧水と乳液以外にも導入液や美容液、クリームなどいろいろと種類があります。
付けてもお肌が重たくない、と感じるようなら追加すると良いと思います。
保湿にとにかく気を付けて、スキンケアを見直して自分が好き(=合う)だと思う化粧品を使うと、お肌もだんだんと落ち着いてくるかもしれません。
メイクもスキンケアも、自分に合う化粧品を見つけることに時間は掛かりましたが、年齢と共にお肌や体質は変化していくので、今でもいろいろと試しています。

ニキビにむやみに触らない

気になって早々の段階でつぶしてしまうと、ニキビ跡に繋がる恐れがあります。
前髪やマスクなどで隠すこともしない方が良いです。
メイクでコンシーラーなどを使う場合は、濃くつけすぎず、薄く塗ってもカバーできる・自分に合ったものを探しましょう!

コンシーラー

食べ物に気を付ける→食べ過ぎない!

現在のところ、ニキビが出来る原因となっている食べ物は証明されていません。
ですが、もしかしたら人それぞれにニキビに影響を与えている食べ物があって、
そしてそれは、食べたことよりも食べ過ぎていることが原因になっているかもしれません。
女性の場合、生理前後はどうしても身体の代謝や巡りが悪くなりがちです。
そこへ糖分や塩分を摂り過ぎて(それも続けて)いては、ニキビが出来ても治るものも治らないのは当たり前ですよね。
ニキビが治りにくいと感じたら、食べている次期や物を一度見直してみましょう。

やけ食い

肩や首が凝っていると、お顔への血流にも影響する→冷やさない、温める

心臓から上へと昇ってお顔へと血液は巡っていきます。
肩や首が凝っていると、そこで血液の流れが滞ってしまい、お顔への血流にも影響していきます。
姿勢を日ごろから気を付けたり、運動をすることも重要ですが、特に姿勢は無意識に行っていることが多く、「ずっと意識して気を付けている」ことはなかなか難しいものです。
そこで、まずは身体を冷やさないこと!
冷えは血流を悪くし、身体を凝り固まらせる原因となります。
なるべく湯舟に使って温まったり、夏は冷房対策にストール、冬はマフラーやホッカイロ、時には腹巻も活用しましょう。
足元から冷え対策として、レッグウォーマーもオススメです!
そして鍼とお灸はもちろん、血流改善にはもってこいです。

レッグウォーマー

生理前後にニキビが出来やすい→ホルモンバランスの乱れかも、なるべく無理せず休んで!

排卵前後、生理前後はエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンのバランスが変わります。
この時期に影響を受けやすい方もいます。お風呂に好きな入浴剤を入れて温まったりなど、自分を労わってあげてください。
ストレスを溜めず、無理をしないことが一番です。ただし、食べ過ぎはNGです。

お風呂

ニキビが出来る原因を考えてみる→原因が分からなかったらまずは睡眠を

いかがでしたか?
ニキビに悩む方がすべて私と同じということはありませんが、もしかしたら共通する部分があったかもしれません。
私もまだまだニキビに悩まされてはいますが、根気よく闘い続けることが治す一番の近道だと思っています。
まずはすぐに始められる、睡眠をしっかり取ることから始めていきましょう!